エテルノのプラセンタドリンクがこだわる原料と製造方法について

エテルノプラセンタドリンクの開発スタッフ

プラセンタ含有量が30000mgから35000mgに増量されバージョンアップされた話題のプラセンタドリンク『エテルノ濃縮プラセンタドリンク』は、プラセンタエキスが高配合なだけでなく、ツバメの巣エキス、ローヤルゼリー、シルクペプチド、コラーゲン、ヒアルロン酸など美容と健康になくてはならない成分をバランス良く配合されています。このように配合成分のバランスが考えられているだけでなく、エテルノのプラセンタドリンクはプラセンタの原料や製造に関してもかなりのこだわりを持っているようです。

 

こだわりの原料

エテルノのプラセンタドリンクは、豚由来のプラセンタを使用しています。その豚はSPF豚と言い、特定の微生物や寄生虫がいない無菌に近い豚で、国内では8%しか生産されていないという非常に希少な豚で、その中でもグレードの高いものを厳選して抽出したプラセンタエキスを使用しているそうです。レアな豚の中でもより良いグレードのものだけから抽出した高品質のプラセンタが使われているようですね。

 

こだわりの抽出方法

プラセンタエキスを抽出する際、独自の方法で行っているそうです。その方法とは、胎盤をマイナス25度で凍らせてから4種の酵素を加えて抽出。こうすることで成分が壊れにくく安定性が向上し、プラセンタ特有のニオイも和らぎ、高品質のプラセンタエキスになるそうです。

 

こだわりの品質管理

GMP(適正製造規範)という品質管理基準をクリアした工場で厳しい品質管理の下、エテルノのプラセンタドリンクは作られているそうです。また製造は機械だけでなく最後に人間の目視によるチェックも行っているという徹底ぶりです。それだけしっかり品質管理をしているというのは飲む側としてはありがたいですね。

 

 

というような感じで、大人気のプラセンタドリンク『エテルノ濃縮プラセンタドリンク』は、こだわりを持った生産体制の中で製造されてるようです。

 

プラセンタドリンクはエテルノ濃縮プラセンタ!

↓↓

 

 

プラセンタドリンク